• 会員情報登録・変更
  • 平成29年度同窓会総会のご案内
  • 昭和62年卒専用参加申込フォーム
  • 母校・新潟商業高等学校のサイト


葦原同窓会事務局

〒951-8131

新潟市中央区白山浦2-68-2
新潟商業高等学校内 [地図]

Tel 025-266-0101

Fax 025-230-4751

お問合せはこちらから

白山浦初代校舎

新潟商業制服変遷

新潟県立新潟商業高等学校が創立して130年、その間母校の制服は何度か変ってきました。

制服の変遷から母校の歴史と時代背景をお感じ下さい

創立当初~明治期の制服 1883年(明治16年) 北越興商会付属新潟商業学校として創立
1892年(明治25年) 制帽が制定される。「商」の一字を帽章とした。
1895年(明治28年) 本科に制服が制定される。 ボックス型のジャケットを採用。
1905年(明治38年) 帽章が二蛇両翼一星に改められる。
明治後期以降の制服 1907年(明治40年) 制服改定。 現在の男子制服とほぼ同型の詰襟・金釦となる。 夏服は純白の詰襟(~昭和初年)とし、 制帽には白線二本を配した。
1930年頃(昭和初期) この頃から、夏服に霜降小倉を用いるようになる。
1942年頃(戦時中) 戦中の物資難に伴い、この頃から国防色(カーキ色)折返し低襟服、 戦闘帽姿の生徒が多くなった。
戦後(女子制服) 1948年(明治23年) 男女共学を実施。 当時、女子生徒には制服の定めが無く、セーラー服、ブレザー、カーディガンなどを着用していた。
1953年(昭和28) 女子制服を指定する。(全員に強制するものではなかった。)
1956年(昭和31年) 女子、通年ネクタイ着用となり、現在のものが定着した。
1969年(昭和44年) 生徒会などの自主的な討議・決議経て、男子の着帽自由化に踏み切る。併せて女子生徒の服装規定を一部自由化する。
1986年(昭和61年) NCSマーク付のシャツ、ブラウスを導入。
参考資料
  1. 葦原百年史
  2. 葦原120周年史

同窓会活動の協力のお願い

トップに戻る